プロ野球FUN

某プロ野球ファンのプロ野球を楽しむためのブログ!! これを知れば「超」野球通!!「セイバーメトリクス」の紹介や、野球を幅広く楽しめるコンテンツあり!!

当ブログについて

<最新記事>

 

(プロ野球を「研究する」編No.99)「細く長い」活躍を見せる選手たち「中日・山井編」 - プロ野球FUN(2019.3.26)

(プロ野球を「研究する」編No.98)「細く長い」活躍を見せる選手たち「中日・藤井編」 - プロ野球FUN(2019.3.23)

(プロ野球を「研究する」編No.97)「細く長い」活躍を見せる選手たち「巨人・亀井編」 - プロ野球FUN(2019.3.20)

 

記事一覧(日付の新しい順、全122記事)

 

 

<お知らせ>

 

●2019.3.3

 当ブログで、WARやUZRのデータを引用させていただいている、1.02 - Essence of Baseball様(以下1.02様)が、2019年3月2日にWAR算出方法の改定を行い、僅かではありますが、過去のデータも含めて、野手のWARの数値が変更されています。

 2019年3月2日以前の当ブログの記事内に掲載されているWARの数値(1.02様から引用したデータ)は、改定前の数値で、改定後の数値は、1.02様で直接ご覧いただくよう、お願い申し上げます。

 また、万が一改定前のデータを記事内に掲載する場合は、その旨をお伝えいたします。

 読者の皆様にご不便をお掛けし、誠に申し訳ございません。

 

 

<はじめに>

 

 こんにちは!! と申します。当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

 こちらのページでは、当ブログの紹介を行っております。

 

 当ブログでは、統計学を駆使して野球を分析する手法「セイバーメトリクス」をはじめとする、プロ野球に関する様々な情報をお届けしています。

 

 

<内容・サイトマップ

 

記事一覧はこちら

 

プロ野球を「学ぶ」編

~これからプロ野球を学びたい人へ~

プロ野球を「学ぶ」編の記事一覧 - プロ野球FUN

 

プロ野球を「楽しむ」編

プロ野球を純粋に楽しみたい、または幅広く楽しみたい人へ~

プロ野球を「楽しむ」編の記事一覧 - プロ野球FUN

 

プロ野球を「研究する」編

~野球の常識を覆した!! ”奇跡の野球の分析手法”「セイバーメトリクス」を日本一分かりやすく解説!! これを知ればあなたも「超」野球通!!~ 

 

●「プロ野球を『研究する』編」の記事一覧

プロ野球を「研究する」編

 

●年別記事一覧

プロ野球を「研究する」編2017

プロ野球を「研究する」編2018

プロ野球を「研究する」編2019

 

セイバーメトリクスの入門記事一覧

セイバーメトリクス入門シリーズ

 

●選手を正しく評価・育成するための、セイバーメトリクスの指標の解説

セイバー入門・OPS(打者指標、OPS解説の最初の記事はこちら

セイバー入門・FIP(投手指標、FIP解説の最初の記事はこちら

セイバー入門・UZR(守備指標)

セイバー入門・WAR(総合指標)

セイバーメトリクスの主な指標

 

●チームを勝利に導くための、セイバーメトリクスによる戦略分析

フライボール・レボリューション解説セイバーメトリクスと関係が深い戦略)

日本人と本塁打

スモールベースボールの是非

得点相関(各打撃指標の得点との関係性の強さを調査)

打順の研究

短期決戦とセイバーメトリクス

 

●その他主要記事

セイバーメトリクスの重要性と魅力

イチロー選手の「本当の評価」

「V9時代」の巨人打線の分析

2019プロ野球・注目選手名鑑(目次付きの「はじめに編」はこちら

 

番外

~私なりのプロ野球への提言や、ネタ記事等~

番外編の記事一覧 - プロ野球FUN

 

⑤その他の記事

その他の記事一覧 - プロ野球FUN

 

おすすめの記事

 

●おすすめの記事一覧

おすすめ

 

●年別記事一覧

おすすめ2017

おすすめ2018

おすすめ2019

 

 

セイバーメトリクスについて!!>

 

 当ブログが最も力を入れたいのが、野球の常識を覆し、弱小球団を常勝球団に変貌させる等の奇跡を起こした、いわば”奇跡の野球の分析手法”であるセイバーメトリクスの紹介です。これを知れば、あなたも「超」野球通です!!

 

 このセイバーメトリクスとは、野球の戦略・戦術や競技者(選手)を、統計学すなわち「科学」を用いて分析・評価するという、今までにない斬新な手法の事です。野球の本場・アメリMLB(メジャー・リーグ)では、この手法を導入したオークランド・アスレチックスが、資金難による低迷から脱して常勝球団になった事(※1)等(※2)もあって、セイバーメトリクスの有用性が認められており、この手法を用いた球団運営が主流となっています。

 

 詳しくは今後解説してまいりますので、お楽しみに!! 当サイトでは、セイバーメトリクス「日本一分かりやすい解説」を目指します!!

 

※1:アスレチックスのビリー・ビーンGM(ゼネラル・マネジャー⦅当時⦆)が、セイバーメトリクスを駆使してチームを強化していく様子は、映画にもなった「マネー・ボール」という書籍で描かれています(映画は2011年に日本でも公開されたため、「マネー・ボール」をご存知の方も多いかも知れませんね)。

 

※2:アスレチックス以外のセイバーメトリクスによるチーム強化の成功事例としては、シカゴ・カブスの副社長セオ・エプスタイン氏の事例があります。エプスタイン氏はボストン・レッドソックスGM時代、セイバーメトリクスを駆使してチームを86年ぶりの世界一に導き、さらに2016年もカブス108年ぶりの世界一に導いています。

 

セイバーメトリクスを学びたい方は、こちらから!!(セイバーメトリクス入門シリーズ)

 

 

<当ブログの注意点・免責事項>

 

 読者の皆様に、正確でより良い情報をお届けするために、過去の記事であっても、内容を訂正したり、内容を追加する事がございます。

 読者の皆様を混乱させてしまう場合もあるかも知れませんが、どうかご理解お願い申し上げます。

 なお、内容に重大な誤りがあり、大幅な内容訂正を行った場合は、改めてお知らせいたします(その他 カテゴリーの記事一覧 - プロ野球FUN)。

 

 また、万が一、当ブログをご利用した事で発生したトラブルに関しましては、一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承お願い申し上げます。

 

 

<主な参考サイト様及び書籍>

 

プロ野球 ヌルデータ置き場 - Ver3.0 - 2017年度版(2017/11/08に閉鎖)

 セイバーメトリクス系の指標を取り扱っている、素晴らしい個人サイト様でしたが、残念ながら、閉鎖されました。

 

勝てる野球の統計学 セイバーメトリクス

●著者:鳥越規央氏(統計学者・日本を代表するセイバーメトリクスの研究者の一人)、データスタジアム野球事業部

●出版社:岩波書店

●価格:本体1200円+税

●ISBN:9784000296236

アマゾンのリンク

 セイバーメトリクスの入門書として最適!! 野球好き必読の一冊です!!

 

1.02 - Essence of Baseball | DELTA Inc.

 UZRやWAR等、個人では出せないセイバーメトリクス系の指標が掲載されている、セイバーメトリクス派にお勧めのサイト様です!!

 

データで楽しむプロ野球

 セイバーメトリクス系の指標だけでなく、試合結果・詳細等、幅広いデータが掲載された、充実した個人サイト様です!!

 

Sluggerの選手名鑑

●著者:竹谷鋭、石田陽介

●出版社:日本スポーツ企画出版社

●価格:本体463円+税

●ISBN:9784905411451(2017年版)

楽天ブックスのリンク

 セイバーメトリクスのデータが充実した、お勧めの選手名鑑シリーズです!!(大きいサイズのものもあります。)

 

スタメンデータベース

 過去の試合のスタメン一覧を見る事ができ、各ポジションの先発出場者の内訳等を調べる事ができる、大変貴重な個人サイト様です!!

 

プロ野球データFreak

 基本的なデータだけでなく、セイバーメトリクス系の指標も充実した、見やすい個人サイト様です‼

 

 

当ブログの記事を最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!!

(プロ野球を「研究する」編No.99)「細く長い」活躍を見せる選手たち「中日・山井編」

(ホーム)当ブログについて - プロ野球FUN

 こんにちは!! と申します。当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

 今回は、

プロ野球を『研究する』編」

の第99弾として、

「『細く長い』活躍を見せる選手たち『中日・山井編』

をお送り致します!!

 

 

「研究する」編で使用される、”奇跡の野球の分析手法”「セイバーメトリクス」とは!?>

 

 セイバーメトリクスとは、野球の戦略・戦術や競技者(選手)を、統計学すなわち「科学」を用いて分析・評価するという、今までにない斬新な手法の事です。野球の本場・アメリMLBでは、この手法を導入したオークランド・アスレチックスが、資金難による低迷から脱して常勝球団になった事等もあって、セイバーメトリクスの有用性が認められており、この手法を用いた球団運営が主流となっています。

  野球の常識を覆し、弱小球団を常勝球団に変貌させる等の数々の奇跡を起こした、いわば”奇跡の野球の分析手法”であり、これを知れば、あなたも「超」野球通です!!

セイバーメトリクス入門シリーズ カテゴリーの記事一覧 - プロ野球FUN

 

 

<はじめに>

 

 華々しくも短い人生を指した、「太く短い人生」という表現があります。

 パッと咲いてパッと散る、まさにこれからの季節に咲く桜の様な人生と言えます。

 プロ野球界においても、そういった選手は沢山おり、昨2018年限りで引退した、元オリックス佐藤達也投手(最優秀中継ぎのタイトルを2度も獲得するも、プロ生活7年で引退)等がそれに該当するでしょう。

 

 逆に、大輪の花を咲かせている訳ではないが、息の長い活躍を見せている選手、すなわち「細く長い」活躍を見せている選手もいます。

 やはり、際立つ活躍をしなければ、注目はされませんが、それでも長くプロを続けているという事は、それだけチームに必要とされているという事になります。

 

 今シリーズでは、そういった「細く長い」活躍を見せる現役選手たちを紹介していきます。

 

 今回は、最終回の「中日・山井編」です。

 

 前回の「中日・藤井編」は、以下からどうぞ。

(プロ野球を「研究する」編No.98)「細く長い」活躍を見せる選手たち「中日・藤井編」 - プロ野球FUN

 

 

<「ユーティリティー・ピッチャー」として息の長い活躍を見せる中日・山井>

 

●山井投手の各年度投手成績

 

・HR/9(被本塁打÷投球回数×9)・・・9イニング当たりの被本塁打。被安打は味方の守備力や運(ポテンヒットや、良い打球が野手の正面を突く等)に左右されるが、被本塁打はそうでないため、投手の能力と関係が強い。

・K/BB(奪三振÷与四球)・・・与四球に対する奪三振の割合。与四球も奪三振も、被本塁打と同じく投手の能力と関係が強い。被本塁打・与四球・奪三振の3つの多寡だけで投手を評価するFIPという指標は、セイバーメトリクスの世界では重宝されている。

f:id:baseballsabermetrics:20190326122957j:plain

 

●解説

 

 今シリーズ最後に紹介するのは、中日・山井投手です。

 山井投手は、先発・救援両方をこなす「ユーティリティー・ピッチャー(スイングマン)」として、息の長い活躍を見せています。 

 規定投球回数到達と2桁勝利は、それぞれ1度のみ(共に2014年)ですが、2019年でプロ18年目を迎えます。中日ではチーム最古参で、なおかつチーム最年長(2019年シーズン開幕時40才)です。

 

 長くローテーション投手候補として期待され、2014年に最多勝にも輝いていますが、その一方で、先発・救援両方を担う「ユーティリティー・ピッチャー」として、チームを長く支え続けています。

 

 2007年は先発を担って6勝を挙げると、日本シリーズ第5戦では、岩瀬仁紀との継投で完全試合を成し遂げ、チームを53年ぶりの日本一に導きました。

 2012年は救援を担い、計56試合に登板して、15セーブも記録しました。

 2014年は、再び先発を任されると、初めて規定投球回数に到達し、こちらも初となる2桁・13勝を挙げ、最多勝にも輝きました。

 その後も先発・救援両面で息の長い活躍を見せています。

 

 投球内容に関しては、各項目目立つものはありませんが、大きく劣る項目も無く、バランスの良い投手だと言えます。

 

 ついに40代に突入しましたが、まだまだ息の長い活躍を期待したいところです。

 

 

<おわりに>

 

 完全なレギュラーではなく、毎年規定に到達したり、タイトル争いしたりする訳ではないが、それでもチームに必要とされ続け、息の長い活躍を見せる選手たち。

 決して目立たなくとも野球界で生き残る方法、そして、目立つ選手だけが、チームに必要な選手という訳ではないという事を、ここまで紹介した選手たちが、示してくれています。

 社会でも、組織に貢献する様々な方法があるという事、そして、目立たなくとも社会に貢献し、必要とされている人々がいるという事を、決して忘れない様にしたいものです。

 

 

当ブログの記事を最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!!